マタニティクリーム

投稿日:

妊娠線の予防に死角なしAFCのマタニティクリームは効き目や使用感全てが優秀!!

AFCのマタニティクリームは妊娠線の予防とできてしまった妊娠線のケアのために葉酸を配合して作られたクリームです。

葉酸が「めぐり」を助けて妊娠中の変化にも対応できるお肌に。

お肌に塗っても良し葉酸の実力を試したい方へ

AFCのマタニティクリームは、「妊娠線を予防したい」「出産後にお肌がデコボコ、何とかしたい」という100人のお母さんたちの声に応え、AFCが日本予防医学研究所のその道40年のエキスパートと共に共同開発した商品です。

そこでAFCと日本予防医学研究所が注目した成分が、妊娠に欠かせない栄養素である「葉酸」でした。

一般的に、赤ちゃんの先天性の異常防止のためにサプリメントとして飲まれることの多い葉酸ですが、最近ではお肌に塗っても良いことが分かってきたのです。

実際に現在ではシャンプーやリンス、その他の化粧品などにお肌の健康を維持する目的で配合されています。

葉酸は妊娠後(産後)によるお肌のめぐりを補助します

妊娠すると女性の体はすごい勢いで変化してゆきます。
すると体がその変化に追いつけず、妊婦さんにはいろいろな不調が出てくることになります。

たとえばホルモンの分泌が急激に変わることにより起こるつわり、黄体ホルモンの作用によって起こる便秘などです。
そして皮膚がお腹や胸の成長に追いつけずに起こる妊娠線も妊婦さん特有の悩みになります。

AFCと日本予防医学研究所は皮膚が成長に追いつくための成分として葉酸の「めぐり」を補助する作用に注目しました。

「めぐり」を補助する作用とは葉酸をお肌に塗ることによってターンオーバーを正常に導く手助けをすることです。

このめぐりの促進によって妊娠線を予防し、できてしまった妊娠線のデコボコのケアにも使用することができるのです。

新陳代謝を健やかにしながらツルツルのお腹を目指す成分もたっぷり配合

AFCのマタニティクリームは葉酸でめぐりを助けるだけではありません。
「ライマメ種子エキス・ダーマクロレラ」と「アラントイン」を配合して、ツルツルと滑らかなお腹を目指します。

ライマメ種子エキス・ダーマクロレラはお肌を保湿する成分で、妊娠して乾燥しだしたお肌に塗ることで新たな妊娠線ができるのを防ぎ、同時に新陳代謝を通常の倍にすることでお肌が生まれ変わるのを助ける働きが期待できます。

そしてアラントインは一時美肌に良いと話題になったカタツムリの粘液にも含まれる成分ですが、ある種の植物の根や胚芽、種子にも存在しています。

アラントインには皮膚を補修する作用や鎮静作用に優れ、こちらも塗ることでお肌の新陳代謝を健やかにする効果を期待することができるのです。

このように葉酸、ライマメ種子エキス・ダーマクロレラ、アラントインは三位一体となって妊娠で変化し続けるお肌の新陳代謝を最大限にサポートしてくれるでしょう。

精油の中でも最高級に類するネロリの香り

もちろん妊娠中はいろいろな感覚が敏感になることにも配慮して、AFCのマタニティクリームは香りと使用感にもとてもこだわっています。

まず香りはオレンジの花である「ネロリ」の香りです。

ネロリはとても歴史が古く、たくさんのオレンジの花からほんの僅かな量しか採れないので非常に高価な香料としても知られています。

その名はネロリをこよなく愛した中性ヨーロッパのネロラ公国の王妃マリアが由来となっており、多くの精油の中でもネーミングに女性が関係する唯一のもの。

女性特有の妊娠という時期を過ごすにはぴったりの精油ではないでしょうか。
香りは花の中にもオレンジのビターを感じさせる何とも品の良いもので、精神を安定させる効果に優れており、「天然の精神安定剤」とも呼ばれています。

そんな素晴らしい香りが妊娠中のデリケートな心を優しく支えてくれるのです。

妊娠初期から出産後まで広い期間のお肌をサポート

また保湿成分を多く配合しているのにも関わらず、ベタベタしないサラサラした快適な使用感も特長です。

そしてAFCのマタニティクリーム一本で、妊娠初期から出産後まで幅広い期間使用することが可能です。
妊娠線の原因の一つであるお肌の乾燥は妊娠初期から始まっています。

その時期からお腹や胸のケアを開始し、中期から後期にかけてはお尻や腿の付け根などにもしっかりと塗りこんで妊娠線に備えます。

出産が済めば、一時的に緩んでしまったお肌をケアするためにも使用できますし、もちろん無添加なので、赤ちゃんのお肌のケアとして利用することもできるのです。

このようにAFCのマタニティクリームはいつでも体のどこでも赤ちゃんにも使える、マタニティクリームというよりも万能クリームとして活躍できる一本なのです。

以上、妊娠線の予防に死角なしAFCのマタニティクリームは効き目や使用感全てが優秀...でした。

マタニティクリームは妊娠中のストレッチマーク予防として口コミ人気

マタニティクリーム
5 件) 平均評価 4.6

東 理絵さん | 主婦 | 千葉県
初めての妊娠だったからか最初はまったくお腹が大きくならなかったのですが、5か月を過ぎたころから急にお腹が大きくなり、マタニティクリームを使い始めました。
使い始めてから朝晩つけていたのですが、1日中肌がしっとりしていて、とても快適に過ごすことができました。
さすがに臨月に入ってからは妊娠線ができてしまうのが怖くて仕方がなくなり、頻繁にクリームを使用するようになりました。おかげで妊娠線はできず、出産することができました。
れいさん | 主婦 | 石川県
安定期に入ってから毎日欠かさず塗っていました。妊娠線ができるのが嫌だったので、お風呂上りにしっかりめに塗っていました。使用感としては、べたつきませんし匂いもいい香りなのでとても気に入っていました。そして何より塗るとしっとりと潤いますので、乾燥せずに冬場も過ごすことができました。出産前日まで塗っていたところほとんど妊娠線はできませんでした。お腹だけ見ると経産婦と分からないくらいです。値段も安いのでおすすめです。
鈴木凛花さん | パート | 群馬県
一人目の時に、なんのケアもしなかったら、膝に肉割れができてしまい、今だに消えないからショックで、二人目の妊娠した時には、必ずケアしようと思い、葉酸入りのマタニティクリームを知り、これだ!と思い使いはじめました。マタニティクリームは、サラッとしたテクスチャーで、洋服に付かないし、香りがすごく良いです。葉酸の黄色い色をしています。他のボディクリームは、ベタベタしましたが、マタニティクリームの使い心地は、ストレスが多々ある妊娠中には快適で本当に買って良かったです。
倉井さん | 大学卒業後の主婦 | 神奈川県
妊娠6ヵ月頃からお腹が大きくなり始め、妊娠線予防にとマタニティクリームとしてニベアの青缶を購入し、お風呂上りにお腹を重点的に塗り、二の腕や太もも、胸にも使用しています。まだ妊娠8ヵ月ですが、今のところ妊娠線はなく、きれいに保てています。初めはお腹だけが妊娠線が出ると思っていましたが、人によっては胸や二の腕にも出来ることを知り、保湿効果も含めほぼ全身にしようしています。クリームの柔らかさ、匂い、使い勝手もよいので、おすすめです。
けんけんさん | 臨時職員 | 神奈川県
出産を経験した姉から「妊娠線のケアは早めに始めたほうが良い」と、よく聞かされていました。
そこで、妊娠がわかってすぐにこの\"マタニティクリーム\"を始めました。
においにも敏感になっていので、使い始める前は「私に合うかな?」と少し気になっていましたが
とても優しい香りで、塗ると心が落ち着くような効果もありました。
お腹が大きくなってからも、優しく塗り込みながら、お腹に話しかけていました。
そして、出産後の今も続けていますが、妊娠線に悩むこともなくありがたいかぎりです。

-商品リスト

Copyright© ベビママラブ , 2017 AllRights Reserved.