ベジママ

投稿日:

ベジママの代表成分は独自成分のピニトールとルイボス!!2つがママ活をバックアップ

ベジママは各種ビタミン・ミネラルに加えて独自成分のピニトールとルイボスでママ活を支えます。

必要な成分は十分に、不必要な成分は一切加えないのがベジママのこだわりです。

「ピニトール」ってどんな成分?

ベジママには葉酸400μgにビタミンB群、ビタミンCを合わせて配合し、さらに独自成分であるピニトールを含有しているのが特長のママ活にぴったりなサプリメントです。

ピニトールは筋肉や神経細胞に多く存在しているイノシトール類の一種で、以前はビタミンBの仲間とされていましたが、現在ではビタミン様物質というカテゴリーになります。

ベジママがこのイノシトール類の中でも特にピニトールを採用しているのは、体のサイクルを正常にする作用が期待できるためです。
日本ではまだ聞きなれない成分ですが、アメリカではすでにママ活用としてメジャーな存在です。
医療分野においてもピニトールは、不妊の原因の一つである多嚢胞性卵巣症候群の改善に役立つ可能性が指摘され、アメリカで研究が進んでいます。

ベジママのピニトールは国内栽培のアイスプラントから抽出

もしこのピニトールを食品から1日分の260㎎を摂取しようとすれば、豆乳ならおよそ700mlが必要になり、食生活に組み込むには非現実的な量になってしまいます。

しかし、ベジママなら1日分の4粒でこの量をクリアできるのです。
そこで気になるのは、これほどの量のピニトールをどうやって配合しているかということでしょう。

ベジママではピニトールを北ヨーロッパ原産のアイスプラントという栄養価の高い野菜から抽出しています。
特筆すべきなのは原材料のアイスプラントは外部から仕入れず、自社工場で種から栽培するという安心・安全にこだわった姿勢です。
もちろんアイスプラントを栽培する工場は日本国内にあり、衛生管理が徹底され無農薬で栽培されます。
そしてそれを製品化する工場も厚生労働省から認定を受けたGMP工場で生産するという徹底した品質管理の体制をとっているのです。

ベジママが選んだもう一つの原料「ルイボス」

ベジママにはピニトールの他にママ活のための成分としてルイボスが配合されています。
ルイボスは健康茶として日本で人気ですが、どのような特長があるのでしょうか。

まず、ルイボスはお茶として利用されながらもカフェインを一切含みません。
それによって子どもからお年寄りまでどんな人も飲むことができます。

そして人間の体内で合成することができないミネラルを豊富に含んでいます。
カフェインを気にせずにたっぷりと飲めて、ミネラルをしっかりと補給することができるのです。
また、腸内環境を改善する効果が期待できるとも言われているまさに「健康茶」の代表選手のような存在なのです。

ベジママが注目するのはルイボスに含まれる「フラボノイド」

中でもベジママがルイボスを配合する理由にしているのがルイボスに含まれる「フラボノイド」です。
フラボノイドは活性酸素を抑制することで知られるポリフェノールの一種になります。

フラボノイドにも様々な種類があり、ルイボスにはその中でも珍しいノトファジンやルイボス唯一の成分であるアフパラチンなど合計10種類のフラボノイドを含む、まさにフラボノイドの宝庫です。

これらのフラボノイドが体に悪影響を及ぼす活性酸素を強力に除去し、ママ活に最適な体づくりを後押ししてくれるのです。
さらにフラボノイドはビタミンCの働きを応援する作用もあり、健康から美容まで大活躍の成分と言っていいでしょう。

鉄とカルシウムを含まないこだわりががんばるママに活きてくる

このようにベジママは葉酸をはじめ、各種のビタミン・ミネラル、ピニトール、ルイボスをたっぷり配合しながらも、多くの葉酸サプリが採用する鉄とカルシウムを含んでいません。

ベジママでは鉄とカルシウムは普段の食事で十分な量の摂取ができると考えるからです。

確かに鉄は女性に大切な栄養素ですが、葉酸やビタミンB群、ビタミンCのように水溶性ではないため過剰摂取すると体内に蓄積され、過剰症を起こすおそれがあります。

特にサプリメントでは吸収率の良くない非ヘム鉄を避けて、ヘム鉄を採用することが多いため鉄に対する知識がなければ知らずに過剰摂取してしまう可能性はあるでしょう。

つまり、ベジママが鉄やカルシウムを配合しない姿勢は製品に対するこだわりの現れなのです。

「あれもこれも良さそうなものは全部入れてみました」というスタンスのサプリメントが多い中でベジママの「必要なものはたっぷりと、でも不必要なものは含まない」という姿勢は良い意味で葉酸サプリ界では異色のものと言っていいでしょう。

以上、ベジママの代表成分は独自成分のピニトールとルイボス!!2つがママ活をバックアップ...でした。

ママ活にぴったりなサプリメント
ベジママの公式サイトへ

多嚢胞の予防にもなるピニトール配合の葉酸サプリと口コミ評価のベジママ

ベジママ
6 件) 平均評価 3.8

倉下加奈さん | 専業主婦 | 和歌山県
妊活中にベジママを飲んでいました。
数ある商品の中からベジママを購入してみようと思ったきっかけは、ベジママにはよく聞く葉酸やマカ以外に妊活にはかかせないピニトールが含まれていることを知ったからです。
幸い赤ちゃんを授かることができたのですが、妊娠後ももちろん継続して飲み続けました。
おかげで、妊娠中もトラブル等全くなく快調に過ごすことができ、もうすぐ6ヶ月になる娘も今のところ病気とは縁のない健康優良児です!
三沢さん | ピアノ講師 | 千葉県
妊活中に、友達から勧めてもらって、ベジママを購入し、飲んでみることにしました。この、ベジママには、赤ちゃんを授かるために必要なピニトールが配合されているので、体内のママのコンディションを高め、妊娠しやすい身体にしていってくる働きがある、ママになる方に心強いサプリメントです。私も実際に飲み続けて、6ヶ月めに待望の赤ちゃんを授かることができました。ベジママは、無期限の返金保証もしてくださるので、安心して購入できるサプリメントです。
向井可奈さん | 学生 | 愛知県
貧血改善の為、鉄をつくるもとの葉酸を摂りたくて購入いたしました。葉酸サプリでは有名なものみたいです。パッケージもボトルでいかにもサプリっていう雰囲気でした。
ビタミンE入りなので美肌効果の期待をしていました。1日4粒なのでうまく調整して飲むことができますし、粒も小さめなので飲みやすいです。
ただ、匂いや苦みがかなり気になります。「ペジママ」とあるのである程度の野菜の青臭さは覚悟していましたが、これはそれ以上でした。
粒を持った手にも匂いが移り最悪でした。良薬は口に苦し、といいますので飲み続けたら効果はあるかと思いますが、私はあきらめました。
ゆっこさん | 専業主婦 | 鹿児島県
もともと生理不順だったので、2年前から本格的に妊活の為病院に通い始めました。病院で飲んで診断は、自力で排卵が難しく排卵誘発剤を飲みましたが体に合わず断念。
そんな時このベジママの口コミを目にし頼んでみました。ベジママには血糖値を下げる作用のあるピニトールという成分が入っており、父が糖尿病の為自分の体質も気になりベジママに決めました。
飲み始めて2ヶ月、少し周期は長いものの生理がきちんと来るようになったのです。もともと薄い爪も厚くなったように思い、体に良い事を実感しました。それから飲み続けて3ヶ月、結婚4年目で妊娠中する事ができました!現在妊娠8ヶ月です。
ベジママさんには本当に感謝しています。それから妊活関係なく、父や母、旦那さんにもすすめて今では家族みんなで飲んでいます。みんなで元気な毎日です!
サンシャイン55さん | 専業主婦 | 東京都
私が子供が欲しいと話した時に、友人である先輩ママに、葉酸の必要性を説明され、葉酸の摂取を勧められました。色々、検索すると、ベジママの成分が、安心かなと思い購入しました。一日の目安が4粒となっているので、私は朝・晩と2粒ずつ飲んで続けていました。ベジママのお蔭かどうか定かではありませんが、飲み始めて、半年後くらいに妊娠しました。無事健全な子供を授かる事が出来ました。授乳期間に、必要な栄養素も配合されているみたいだったので、授乳期も飲んでいました。これ一つで、妊活から、授乳期までマルチに活躍するサプリだと思います。
しろめぐさん | 兼業主婦 | 岡山県
学生の頃から生理不順で悩んでいて、24歳のころに多嚢胞卵巣症候群と診断されました。その後、26歳で結婚し妊活を始めましたが、なかなか授かることはなく、ベジママを飲むようになりました。妊活する上で必要な葉酸はもちろんですが、多嚢胞卵巣に良いとされるピニトールが含まれているのが一番の選んだ理由です。飲み始めて数か月はあまり変化はありませんでしたが、徐々に基礎体温が安定してきました。生理も3か月来ないのが当たり前が2か月になり徐々に短くなりました。結局、通院し排卵誘発剤と合わせて妊活して妊娠することができました。サプリメントだけで妊娠することはできませんでしたが、基礎体温が安定し生理周期が短くなったことから効果はあったのではないかと思います。

-商品リスト

Copyright© ベビママラブ , 2017 AllRights Reserved.