葉酸サプリで妊活ママや赤ちゃんもすくすく育つ【ベビママラブ】

妊娠活動中のママたちや(ベビ待ち・プレママ・妊娠前)に朗報な人気の葉酸・妊活サプリがここに登場!ベビママ~妊婦たちが安全で安心して飲めるコウノトリ商品を随時配信中です!

保活は早めに行うのが基本!妊活前に始めた方が良いことも!

保活をいつから始めるべきか悩みがちですが、実際にはなるべく早く始めるのが大切です。

保活は早めに行うのが基本!妊活前に始めた方が良いことも!

妊娠してからでは予定や体調の都合がつかないケースが増え、手続きも間に合わなくなる可能性があります。妊活前に最低限の情報をそろえるなど、慌てない工夫が必要です。

都心部を中心に保育園不足が深刻化し、待機児童の多さが社会問題となっています。子供を保育園に入れようとしても受け入れて貰えないケースは珍しくなく、保活の重要性が高まっているのです。

自治体ごとに受け入れ態勢は異なるからこそ、早め早めに行動することが大切になっています。


保活は妊活前に始めた方が良いのか

保活はなるべく早く始めるのが基本で、可能であれば妊活前に行った方が良い場合もあります。これは自治体によって保育園の数や受け入れ人数が異なり、競争倍率が高すぎて現実的ではないケースがあるからです。

どの程度余裕があるかわからなければ、安心して子供を産めない可能性もあります。

赤ちゃんを育てるのであれば、まずは安心して育てられる環境を整えるのが基本になります。特に0歳から預けることを前提にするのであれば、都心部よりも保育園の空きが多い地方に移った方がよい場合もあります。

まずは手近な情報を調べることが保活の第一歩で、受け入れて貰えなかった場合のことも考えておく必要があるのです。

保活をするなら自治体への問い合わせが基本に

保活の情報収集の基本は、役場の保育課へ問い合わせることです。保育課に問い合わせれば認可、否認可を含めて様々な保育園の情報を手に入れることができます。

保活をするなら自治体への問い合わせが基本に

子供を入れる際の審査基準なども教えてくれるため、どの程度預けやすいかも知ることができるのです。

多くの自治体では子供の預けやすさを点数制で管理しています。両親が共働きであるか、親との同居ではないかなど、子供を預ける必要性が高い家庭ほど点数が高くなり、余裕があれば減点される仕組みです。

自分たちの家庭がどの程度の位置にいるかで、働き方などが変わってくるのです。仮に子供が生まれたらどの程度待機期間があるかも含めてあらかじめ聞いておくのがおすすめです。

妊娠からのスケジュールがタイトになることも

保活を早めに行う必要があるのは、妊娠からのスケジュールがタイトになる可能性もあるからです。妊娠中は体調が不安定なることが珍しくなく、予定をうまく消化できない可能性が高まります。

保育園入園の各種手続きには期限が存在するため、余裕を作っておかないとトラブルになりかねないのです。

保育園は年度が替わるタイミングで空きが生じやすくなります。12月から1月で募集を締め切り、4月から入園するケースが一般的で、下見などはそれより前に済ませておく必要があります。

複数の保育園を見るなら保活は秋口より前に活動しなければ間に合わなくなります。また、出産予定日とかぶらないように調整することも大切です。

保活は複数の保育園を見ることを前提で考える

地方は保育園に空きがあることが多く、それほど保活に苦労しないケースが増えます。

保活は複数の保育園を見ることを前提で考える

しかし、都心部では落ちることを前提に複数の保育園を受けた方がよく、万が一を考えて動かなければ子育ての計画が大きく狂いかねないのです。

保育園への距離以外にも、保育料や保育士の数、環境など、子供を預けるために気になるポイントは多いものです。それぞれに優先順位をつけた上で妥協を求められる場合もあります。

妊活前に周囲の保育園の情報などを知っていれば、経済面での備えも含め、様々な対策が練れます。保育環境は子供への影響が大きいことを踏まえた上で、慎重な判断が必要になるのです。

男女でイクメンの認識が違う?子供を作るなら話し合っておきたいこと

家事に協力的な男性は増える傾向にあり、育児であっても例外はなくなっています。

男女でイクメンの認識が違う?子供を作るなら話し合っておきたいこと

イクメンという言葉も定着しつつあり、女性にとって心強い状況になりつつあります。一方で、男女でイメージのズレが出やすい部分もあるため、早めに話し合う必要があります。

家事に協力的な男性は増えていて、育児に関しても積極的なイクメンも増えています。妊活においても心強い一方で、しっかりと話し合わないとイメージにズレが生じることもあり得ます。

育児は一緒に学んでいく姿勢が重要になるため、どちらかが知っていれば大丈夫という姿勢があると負担も偏ってしまうからです。

イクメンになるためには努力が必要

育児に積極的な姿勢を見せる男性が増えている一方で、それに不足を感じる女性もいます。

イクメンになるためには努力が必要

なぜなら、男性は子供の面倒を見ればいいと思っているケースが多く、自分の余力の範囲で手伝うというスタンスが珍しくないからです。

育児を休むことはできないため、育児に対する女性負担の方が圧倒的に重い場合が多いのです。

漠然と夫がイクメンになるという意識ではリスクが大きくなります。子供が生まれるということは、どのようなことが起こるか事前に勉強しておかなければならないということです。

勉強不足があれば、非常時に対処できず、命に関わるような事態にもなりえます。夫婦で一緒に勉強を行い、日々努力する姿勢がなければどちらかが不満を抱えることになりかねないのです。

イクメンになるなら積極的に休むことも重要

夫にイクメンになって欲しいのであれば、積極的に話し合いの場を設ける必要があります。

イクメンになるなら積極的に休むことも重要

子育てやママになりたい人はやるべきことが多いため、混乱しやすいのもポイントになります。自治体から出産一時金を受け取るための申請など、やっておかなければ生活に関わる手続きも多いため、情報を共有することが大切なのです。

二人で情報を整理し、分担すればそれだけ負担は軽くなります。夫に仕事を休んで手伝って貰うことも大切です。

育児のための休暇が取れないようであればブラック企業を疑った方が良く、子供の成長にも悪影響を与える可能性すらあります。親の協力を得られるなど、環境面のプラスがなければ孤立しがちなため、リスクをしっかり知ることが大切です。

責任の押し付け合いにならないように注意

育児で協力し合うポイントは、責任を押し付けあわないことです。どれだけ勉強しても、相手のミスが気になってしまうことはどうしてもあります。しかし、それを責めてしまうと、次の協力を得づらくなってしまうのです。感情的に責めるのではなく、次のことを考えていたわることも大切なのです。

ポイントになるのが、気持ちをしっかり伝えることです。言わなくてもわかると思っていると、どうしてもすれ違いが生じます。

また、相手に任せる部分を作ることも大切で、あまり疑ってしまうと相手のプライドを傷つけてしまったり、信頼を損ねる原因にもなるのです。イクメンであっても学びながら成長するのが人間のため、言葉を選ぶことは重要なのです。

妊活に入る前に話し合っておいた方がプラスに

妊活に入る場合は、相手がどれだけ積極的に育児に関わってくれるかしっかりと話し合っておく必要があります。イクメンになってくれるのであれば問題はないものの、育児に積極的でなければ女性の負担が増すからです。

出きることとできないことを切り分け、しっかりと相手にリスクを伝えることが大切です。

しっかりと共有しておきたい意識は、育児は片手間で出きるものではないということです。手間をかけなければ事故の確率が増えるだけでなく、子供の精神の成長にも影響を与えます。

夫婦だけでなく周囲の協力も大切なため、育児に適した環境を求めて移住を検討した方が良い場合もあるのです。

参考サイト イクメンプロジェクト

妊活ママに必要な葉酸ってどのような活躍を見せてくれるのか

葉酸はビタミンB群の注目株!その効果に迫ってみる

「葉酸の効果はなに?」もしこんな質問をされたなら「効果なんて言葉では物足りない。葉酸は絶対に体に必要な栄養素です」とお答えします。

妊活ママに必要な葉酸ってどのような活躍を見せてくれるのか

それでは具体的に葉酸は私たちの体にどのような作用を及ぼすのでしょうか?

葉酸の重要性は細胞分裂に有り

葉酸は8種類あるビタミンB群のひとつで、その役割は細胞と深い関係にあります。
私たちの体の細胞は日々細胞分裂を繰り返し、新しい細胞と入れ替わり続けています。
これを新陳代謝というのですが、実は新陳代謝の大本である細胞分裂は、葉酸の効果なしではできないのです。

というのは細胞の中心にある核酸、つまりDNAは葉酸の働きによって生成されるからです。

これは大変なことだとお気づきですか?
そうです、私たちの肉体そのものがおよそ37兆個の細胞の集合体なのです。
その細胞が葉酸なしでは上手く分裂できないとなると、これは私たちの肉体そのものの存在の危機になります。

たとえば「効果」という言葉を聞くと、何かを摂取すればプラスアルファがあるというイメージを持ちますが、葉酸は効果があるというよりは必要不可欠と表現したほうが正しい栄養素なのです。

そしてこれから葉酸の役割をあげていきますが、それらはほぼ葉酸が細胞分裂に必須であるということが基礎にあります。
このことを覚えておくと、葉酸の数ある効果をすんなり理解できるでしょう。
ここからは「科学的根拠がある」から「断言できないまでも効果の可能性がある」とされる4つの効果を紹介していきます。

葉酸は造血作用に不可欠

血を作るのに葉酸が必要なことを知っていますか。
血液の中にも多くの細胞が存在していて、これは血液細胞と呼ばれ皆さんにもおなじみの赤血球と白血球に分類することができます。

これらは骨髄で作られているのですが、その際に起こる活発な細胞分裂に葉酸の効果が必要なのです。
一般に貧血と言えば鉄分と考えられていますが、葉酸が不足していても貧血を起こしてしまいます。
しかも葉酸が不足した場合の貧血は巨赤芽球貧血と言って、昔は命に関わる病気でした。
普通の生活でここまで葉酸が不足することはあまりありませんが、食生活の極端な乱れには注意が必要になります。

胎児の先天性異常を予防する

葉酸と言えば妊婦のための栄養と思う人も多いのではないでしょうか。
胎児はすごい勢いで細胞分裂を繰り返し、成長しているので確かに葉酸の効果は妊娠中に必須です。
これについては厚生労働省も妊婦は普通の成人よりも葉酸が240μg多い440摂取することを推奨しています。

葉酸を多く摂取することで神経管閉鎖障害という死産や先天性の障害につながる病気を予防することができるからです。
妊娠においては特に妊娠1ヶ月程度前から胎児の細胞分裂がさかんな4~12週にかけて葉酸を取ることが大切になります。

ホモシステインを代謝して動脈硬化が進まないようにする

ホモシステインは血液の中にあるアミノ酸成分です。

ホモシステインを代謝して動脈硬化が進まないようにする

このホモシステイン自体は決して不必要な成分というわけではなく、美白の元となる成分を生成したり、エネルギーの生産にも必要であったりむしろ重要な役割を担っています。

ところがこのホモシステインも血中に多くありすぎるとコラーゲンの質を落として動脈硬化を起こし、心疾患のリスクを高めてしまうのです。

そしてホモシステインを代謝して血中濃度を下げる効果があるのが、葉酸、ビタミンB12、ビタミンB6なのです。
動脈硬化は悪化すると、心筋梗塞や狭心症など深刻な心疾患を引き起こす要因になってしまいます。
動脈硬化が進まないために葉酸及びビタミンB群は必要な栄養素なのです。

細胞の補修効果でガンのリスクを下げる可能性があるのか??

葉酸が細胞を生成する際に不可欠なことは上に書いた通りですが、もう一つ「細胞を補修する」という作用もあります。

細胞の補修効果でガンのリスクを下げる可能性があるのか??

私たちの体の細胞は細胞分裂をする過程で、時々ミスコピーをして間違ったDNAを持つ細胞を作り出してしまいます。

この間違えたDNAを持つ細胞はそのままだとガン細胞になってしまうおそれがあります。
しかし葉酸にはこのミスコピーの細胞を補修する効果があります。
ですから葉酸が足りているということはガン細胞を減らすということにもなり、ガンのリスクを下げるためには大切なことなのです。

特にガンになってしまう前のごく初期において葉酸は有効な働きをすると言われています。
また、腸内などの粘膜ではそこに傷ができてしまうと、それがガンの原因になることもあります。
そこで葉酸が豊富にあれば、細胞分裂をスムーズすることによって腸壁を強化することができ、結果としてガンのリスクを下げる可能性があるのです。

【葉酸と赤ちゃんの物語】1個の卵細胞が37兆に増えるまでの到達点とは

「お腹の赤ちゃんのために葉酸を摂取しましょう」というのは、もはや常識です。

でもなぜ赤ちゃんに葉酸が必要なのか知る人は少ないのではないでしょうか?
これからその理由を詳しく説明していきます。

葉酸が赤ちゃんにどう作用しているのか

葉酸がどんな役割をしているか知っていますか?

葉酸が赤ちゃんにどう作用しているのか

葉酸はビタミンBの一種で、細胞分裂する際に細胞の中の核酸(DNA)を生成する役目があります。
私たちの体は常に細胞分裂を繰り返し、細胞が入れ替わることで成り立っているので、葉酸はとても大切な栄養分です。

そしてとくに葉酸を多く必要としているのが胎児、つまりお腹の中の赤ちゃんなのです。

妊娠していない女性なら普通の食生活をしていれば、葉酸が極端に不足することはありません。

しかし活発に細胞分裂をして成長していく赤ちゃんにとって葉酸が足りなくなることはまさに死活問題です。
なぜなら赤ちゃんはたった1個の細胞から始まって、10数回の細胞分裂を経て、生まれるときには37兆個もの細胞でできているからです。

葉酸はこの驚異的な細胞分裂の物語になくてはならない主役の一人なのです。

赤ちゃんのための理想的な葉酸摂取量とは

現在、厚生労働省ではでは1日の葉酸の理想的な摂取量を成人は240μg、赤ちゃんが欲しい女性は640μg、妊娠中の女性は480μgとしています。

赤ちゃんのための理想的な葉酸摂取量とは

よほど偏った食生活でない限りは成人1日の摂取量を満たすことは難しくないのですが、日本人の約15%が体内の葉酸を利用しにくい体質であることと、妊娠すると一気に葉酸の需要量が増加するので、この量の葉酸が推奨されているのです。

特に赤ちゃんを希望する女性や妊娠初期(4~12週)の女性はこの摂取量を満たすことが目標になってきます。

葉酸が多く含まれる食べ物としては「葉酸」の名前のとおりほうれん草、春菊、モロヘイヤなどの葉物野菜やその他の緑黄色野菜があります。
しかし好き嫌いがあったり、妊娠初期にはつわりがあったりしてこれらの食べ物を食べられないこともあるでしょう。
そのような場合は赤ちゃんのためにも葉酸のサプリメントを服用することもお勧めです。

葉酸の不足は「神経管閉鎖障害」のリスクを高める

「赤ちゃんが細胞分裂するために葉酸が必要なら、もし足りなくなったらどうなるの?」

これはとても良い質問です。

これほどまでに妊娠前や妊娠中の女性が葉酸を十分に取ることを推奨するのは、赤ちゃんに「神経管閉鎖障害」という障害が出るのを防ぐためです。
お腹の赤ちゃんにとって妊娠直後から10週前後は脳や脊髄といった「中枢神経」ができる大切な時期です。
しかしなんらかの原因によって中枢神経が正常に形成されない障害を「神経管閉鎖障害」と言います。

神経管閉鎖障害は脳に関係する場合と脊髄に関係する場合の二通りあり、もし脳にこの障害が出たときは脳に腫瘤ができる脳瘤や、脳が育たず死産や流産の確率が高い無脳症を発症します。

脊髄の障害は二分脊椎症と言い、これは下半身の運動機能や知覚に影響を及ぼし歩行障害や排泄障害を起こしますが、軽度から重度まで症状は様々です。

つまり、この「神経管閉鎖障害」の原因の一つに葉酸の欠乏が考えられ、葉酸を十分に摂取すると赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクが6割以上も軽減すると言われています。
妊婦に葉酸の摂取が勧められるのは、この障害を予防するためなのです。

赤ちゃんのために私たちが確実にできること

もちろん神経管閉鎖障害は葉酸の不足だけで赤ちゃんに起こるわけではありません。

赤ちゃんのために私たちが確実にできること

今のところ遺伝や薬の摂取、糖尿病なども原因として考えられています。

つまり神経管閉鎖障害がなぜ起きるのかはいまだはっきり分かっていないのです。
ただし葉酸を取ることでそのリスクが軽減されることは、アメリカやフランスなどでも研究成果として発表されている信頼できる情報です。

医学は昔に比べ信じられないほど発達しましたが、人間の手では血の一滴も作れませんし、虫の一匹すら生き返らせることができないのが現状です。

命の領域で私たちが赤ちゃんのためにできることはほんのわずかなのです。
けれどもそのわずかの中に「葉酸を摂取する」という手段があるなら、やらずにいるのは実にもったいないことです。

たった1個の卵細胞が最終的に37兆もの細胞となり「赤ちゃん」としてこの世に生まれる奇跡の物語を完遂するために、私たちもその手助けをしたいものです。


投稿日:

Copyright© ベビママラブ , 2017 AllRights Reserved.